『南部の唄』が問題視される理由とスプラッシュマウンテンの今後について

『南部の唄』が問題視される理由とスプラッシュマウンテンの今後について

モヨ
モヨ

このブログの記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になる商品があればこのサイトのリンクから購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

この記事では、『南部の唄』とスプラッシュマウンテンの関係を紹介しています。

なぜ南部の唄は問題視されているのか、そしてスプラッシュマウンテンの存続にどう影響をするのか。

こういった内容をできるだけわかりやすくまとめました。

モヨ
モヨ

ようこそタワテラ1928号室へ!部屋の住人モヨ(@tot_r1928)でーす!

今回は南部の唄とスプラッシュマウンテンの関係を紹介するよ!

この記事はこんな内容

映画『南部の唄』の概要と問題視される理由について

スプラッシュマウンテンと「南部の唄」は切っても切り離せない理由

多様性を認める時代だからこそスプラッシュマウンテンは消える可能性あり

記事の結論

  • スプラッシュマウンテンの原作『南部の唄』には差別的表現が含まれているといわれている
  • それが原因でアメリカのディズニーランドとマジックキングダムのスプラッシュマウンテンは閉鎖された
  • 日本のスプラッシュマウンテンもいつ閉鎖されるかはわからない

映画『南部の唄』の概要と問題視される理由について

映画『南部の唄』の概要と問題視される理由について

まずは映画『南部の唄』の概要を紹介します。

それぞれもう少し詳しく解説します。

1946年に公開されたディズニー映画

『南部の唄』は、1946年に公開されたディズニー映画です。

アメリカ南部を舞台にした物語で、黒人のリーマスおじさんが白人のジョニーにおとぎ話『ブレア・ラビットの笑いの国』を語るというストーリー。

実写パートとアニメパートに分かれている

映画『南部の唄』は、実写パートとアニメパートに分かれています。

実写パートでは、黒人のリーマスおじさんが白人のジョニーに向けて『ブレア・ラビットの笑いの国』を語るシーンが描かれています。

アニメパートはリーマスおじさんが語る内容が描かれています。

内容はみなさんがよくご存知のスプラッシュマウンテンで知られるブレアラビットのお話。

実写とアニメが融合した、とても魅力的な映画です。

映画の内容にレイシスト(人種差別的)な表現があるとして問題になった

映画『南部の唄』には、公開当時からレイシストな表現が含まれているとして、問題視され続けてきました。

例えば、黒人のリーマスおじさんが、アメリカ南部で使われる方言で話す表現や黒人をステレオタイプな描写で表現する場面など。

こういった差別的な描写により映画は再公開されることもなく、アメリカではビデオ化などもされていません。

ちなみに日本では過去にビデオ化とレーザーディスク化がされています。

スプラッシュマウンテンの原作を観るにはビデオを手に入れるしかない

スプラッシュマウンテンが好きという人は多いはず。

だからこそ原作である南部の唄もみてみたいですよね。

ぼくは内容が気になり過ぎたのでビデオをゲットしました。

感想は、本当にみてよかった。

スプラッシュマウンテンをもっと深く楽しみたいなら、みておいて損はない作品だと思います。

南部の唄を観てみたいなって人はゲットする方法をこちらで紹介しているので参考にしてみてくださいね。

スプラッシュマウンテンと「南部の唄」は切っても切り離せない

スプラッシュマウンテンと「南部の唄」は切っても切り離せない

実は、南部の唄が問題になっていることから、東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンも存続の危機と言われています。

理由は、

こちらもそれぞれ詳しく紹介します。

アメリカのスプラッシュマウンテンはすでに閉鎖されてしまった

アメリカのスプラッシュマウンテンは2023年1月23日に閉鎖されました。

そして2024年に『プリンセスと魔法のキス』をモチーフにした施設に改装すると発表されています。

もちろん閉鎖した原因は原作にある人種差別です。

悲しいことですがアメリカは日本よりも更に差別に厳しいので、この判断は仕方がないことなんだと思います。

【復活】日本のディズニーリゾートラインで使われていた『ジッパ・ディー・ドゥー・ダー』が消された

リゾラに乗ると楽しいBGMが流れていますよね。

その中には映画やスプラッシュマウンテンで登場する『ジッパ・ディー・ドゥー・ダー』も含まれていました。

しかし2022年8月19日からはこの『ジッパ・ディー・ドゥー・ダー』削除されてしまいました。

このBGMを聞くと「ディズニーに来た~!」って感じになってたんですが…。

モヨ
モヨ

2023年12月に行ったら復活してたよ!

オリエンタルランドの広報が「ウォルト・ディズニー・カンパニーとの間で検討を始めている」とのコメントを発表した

そして極めつけがこれですね。

日本経済新聞の2020年6月26日付報道によると、映画内の黒人の描写に批判があり、米国内2つのテーマパークでは「スプラッシュ・マウンテン」について変更すると、6月25日に発表。オリエンタルランドの広報は日本経済新聞の取材に対して、東京ディズニーランドについては変更についての検討を始めた段階だと答えていた。

悲しい話ですが本家アメリカのスプラッシュマウンテンだけ変更されて日本のスプラッシュマウンテンが今後も維持され続けるとは考えづらいと思っています。

いつかはわかりませんが、もしかすると日本のクリッターカントリーからスプラッシュマウンテンが消えてしまう日が来るかもしれません。

【まとめ】多様性を認める時代だからこそスプラッシュマウンテンは消える可能性あり

【まとめ】多様性を認める時代だからこそスプラッシュマウンテンは消える可能性あり

映画『南部の唄』とスプラッシュマウンテンの今後についてはこんな感じですね。

もう一度まとめると、

この記事のまとめ
  • 映画『南部の唄』は公開当時からレイシストな表現が含まれているとして、問題視され続けていた
  • 原作の問題=スプラッシュマウンテンの問題でもある
  • アメリカのスプラッシュマウンテンは2023年に閉鎖され、日本のスプラッシュマウンテンについても変更についての検討が始まっている状況
  • 多様性を認める時代において、すべてのゲストにより気持ちよく過ごしてもらうというのがディズニーの考え

時代の流れなので仕方がないといえば仕方がないと思います。

でも東京ディズニーランドといえばスプラッシュマウンテンというくらい人気のアトラクションなので、できれば今後もずっと存続してほしいですよね。

ただし、もしスプラッシュマウンテンが無くなってしまって別のアトラクションになったとしても、それもきっと最高のアトラクションになるはず。

どちらにせよディズニーリゾートは最高の場所なので、今後も夢と魔法を見せ続けてほしいですね。

Q&A

『南部の唄』はどのような映画ですか?
『南部の唄』は、1946年に公開されたディズニー映画で、アメリカ南部を舞台にした物語で、黒人のリーマスおじさんが白人のジョニーにおとぎ話『ブレア・ラビットの笑いの国』を語りながら進んでいくストーリー構成となっています。
映画『南部の唄』にはどのような問題があるのか?
黒人のリーマスおじさんが、アメリカ南部で使われる方言で話す表現や黒人をステレオタイプな描写で表現する場面など、レイシストな表現が含まれているとして、問題視され続けてきました。
『スプラッシュマウンテン』はどのようなアトラクションですか?
『スプラッシュマウンテン』は、アメリカや日本のディズニーパークで人気のあるアトラクションで、映画『南部の唄』の原作であるブレア・ラビットのお話をテーマにしています。
スプラッシュマウンテンは今後存続しますか?
アメリカのスプラッシュマウンテンは2023年に閉鎖され、『プリンセスと魔法のキス』をモチーフにした施設に改装されることが発表されています。日本のスプラッシュマウンテンについては変更についての検討が行われており、存続するかどうかはまだ不明です。
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments