【ジャングルカーニバル】ボール転がしの7つのコツをコッソリ紹介【苦手な人はこれを見てみて】

【ジャングルカーニバル】ボール転がしの7つのコツをコッソリ紹介【苦手な人はこれを見てみて】

モヨ
モヨ

ようこそタワテラ1928号室へ!部屋の住人モヨ(@tot_r1928)でーす!

今回はジャングルカーニバルのボール転がしのコツを紹介するよ。

この記事を読むとわかること

①そもそもジャングルカーニバルのボール転がしとは?【モヨが一番景品を獲得しやすいゲーム】

②ボール転がしを成功させる基礎を紹介します【姿勢を整える】

③ボール転がしの攻略法とコツ7個をわかりやすく解説します【これができれば90%以上はクリアできるはず】

④この記事のまとめと知って得するジャングルカーニバルの小ネタ3選

これらの内容がわかるようになっています。

今回はジャングルカーニバルのボール転がしのコツをわかりやすく解説します。ボール転がしで景品をゲットしたい人は多いはず。でも難しくてゲットできない人もいますよね。今回はそんな人に向けてこのゲームが得意な僕がわかりやすく7つのコツを紹介します。景品をゲットしたい人には参考になると思います。

この記事の結論

  • 絶対に急ハンドルはしない
  • 身体と目線を固定する
  • 焦らず”軽く”ハンドルを動かすイメージを持つ

読みたい項目をクリックしてね

そもそもジャングルカーニバルのボール転がしとは?【モヨが一番景品を獲得しやすいゲーム】

そもそもジャングルカーニバルのボール転がしとは?【モヨが一番景品を獲得しやすいゲーム】
モヨ
モヨ

まずは簡単にジャングルカーニバルのボール転がしを紹介するね。

  • アドベンチャーランドにある体験型ゲームアトラクション
  • スタンバイパスに対応している日があるので注意が必要
  • 1回700円で4球遊べる
  • ゲームをクリアすればオリジナルの景品をもらうことができる

こんな感じのゲームです。
それぞれもう少し詳しく紹介します。

アドベンチャーランドにある体験型ゲームアトラクション

ボール転がしはアドベンチャーランド内にあるジャングルカーニバルという施設で遊ぶことができます。
ジャングルカーニバルは映画ジャングルブックに登場するキャラクターがたくさん登場します。

ジャングルカーニバル内には丸太投げゲームもあります

ジャングルカーニバル内にはボール転がしのほかに丸太投げゲームもあります。
同じ施設内ですがQライン(並ぶ列)は別々なので遊ぶゲームを決めてから並ぶようにしましょう。

ちなみに僕は丸太投げよりもボール転がしの方が圧倒的に得意です。

丸太投げは若干の運要素もあるので、確実に景品をゲットしたい人はボード転がしをオススメします。

コツについては後ほど詳しく解説しますね。

ボール転がしイメージ

スタンバイパスに対応している日があるので注意が必要

ジャングルカーニバルは混雑状況によってスタンバイパスが発行されています。
スタンバイパスが発行されている日はパスを持っていないと列に並ぶことができません。

確実にボール転がしをプレイしたいなら、入園日がスタンバイパス対応の日なのかを早めに確認することをオススメします。

1回700円で4球遊べる

ジャングルカーニバルのゲームは1回700円でプレイできます。
1回のスタンバイで1人1ゲームプレイすることができます。

2人や3人で並んでいるときは人数分プレイすることができます。
1回の球数は4球。

後で詳しく解説しますが、キャストさんに相談することで上手な人にプレイを任せることもできます。

ただし、あくまでもキャストさんの判断次第になるので必ずできるものではありません。

ゲームをクリアすればオリジナルの景品をもらうことができる

1球でもゴールの穴にボールを入れることができれば限定の景品がもらえます。
景品はクッションやちょっと大きめのフィギュアが多いです。

タイミングによって景品が違うので入園する時はどんな景品がもらえるのか確認してみてくださいね。

ゲームをクリアすればオリジナルの景品をもらうことができる

ゲームをクリアできなくてもピンバッジがもらえる【限定のバッジもあります】

ちなみに、ゲームをクリアできなくてもピンバッチがもらえます。
ピンバッチは基本5種類。

雨の日には雨の日限定のピンバッチも追加されます。

結構レアなピンバッジなので雨の日は積極的にジャングルカーニバルに参加してもいいかもしれませんね。

ゲームをクリアできなくてもピンバッジがもらえる【限定のバッジもあります】

ボール転がしを成功させる基礎を紹介します【姿勢を整える】

ボール転がしを成功させる基礎を紹介します【姿勢を整える】

コツを紹介する前にまずはボール転がしを成功させる基礎を紹介します。
この基礎を意識すると成功率がアップすると思います。

  • 絶対に急ハンドルをしない
  • 脇を締めて腕を安定させる
  • 若干しゃがんで目線を固定する

こんな感じ。
とにかく慌てないこと、そして安定する姿勢を意識しましょう。

絶対に急ハンドルをしない

急にハンドルを左右に大きく動かすとボールが吹っ飛んでいきます。
一度でもボールが加速したり跳ねてしまったりすると落ち着かせるのが大変です。

その次の動作も不安定になるので、ハンドルはできるだけ穏やかに動かすようにしましょう。
ゴールを目指すのであればハンドルを最大限回す必要はありません。

基本的にプレイ中に「ガンッ!」というハンドルの最大限まで回した時の音が鳴っている人はハンドルを回し過ぎです。

ボールの動きを見て回しすぎないように少しずつ動かしてみましょう。

脇を締めて腕を安定させる

ハンドルを持つ腕が不安定だとハンドルの動きも不安定になります。
しっかりと脇を閉めて腕が安定することを意識してみてください。

たまに自転車を運転している人で脇が大きく開いている人がいますよね。

そういった人の運転てなんかフラフラしている事が多いです。

ハンドルを安定させるには腕の動きを安定させる。

腕を安定させるには脇を締める事が大切になります。

若干しゃがんで目線を固定する

上から覗き込むより少しかがんでボールに目線を合わせてみましょう。
そうするとボールの動きがよく見えます。

しゃがむ時も姿勢が安定しないなら膝をついてもいいと思います。

とにかく身体や腕、ハンドルが出来るだけ安定することを意識してみてください。

ボール転がしの攻略法とコツ7個をわかりやすく解説します【これができれば90%以上はクリアできるはず】

ボール転がしの攻略法とコツ7個をわかりやすく解説します【これができれば90%以上はクリアできるはず】
モヨ
モヨ

ここからはボール転がしの攻略法とコツをできるだけわかりやすく解説するよ!

チェックポイントは7個。

  • 最初はボールを左のレーンに添える
  • レーンがなくなったらハンドルを”軽く”左右に傾けながら速度を調整する
  • 少し飛び出しているレーンキープに当てるイメージ【ここで減速させる】
  • 2つ目の左の壁に当てながらゆっくり進める
  • 最後のレーンは右の壁に当てながらゆっくり進める【ここで休憩できる】
  • 右の壁に当てながら進むと穴には落ちない
  • ゴールの壁に当たったら落ち着いて流し込む
ボール転がしイメージ

イメージ的にはこんな感じです。
画像を使いながらわかりやすく進めます。

最初はボールを左のレーンに添える

スタートは左のレーンにボールを添える感じで置きます。
ボールが左のレーンに沿って進んでいくようにほんの少しだけ左に傾けておくとスムーズに進みます。

最初はボールを左のレーンに添える

ここでハンドルを左に傾け過ぎるとスピードが出すぎてしまうので注意してください。

レーンがなくなったらハンドルを”軽く”左右に傾けながら速度を調整する

ボールが最初のレーンから外れたら”軽く”左に傾けます。
ここで焦って急ハンドルをしてしまうとボールがレーンから落ちてしまいます。

レーンがなくなったらハンドルを”軽く”左右に傾けながら速度を調整する

絶対に焦らず”軽く”左に傾けるだけ!

少し飛び出しているレーンキープに当てるイメージ【ここで減速させる】

ここで重要ポイント!
最初のレーンからボールが離れるとボールはスピードをドンドン上がっていきます。

そのまま2つ目のレーンに当ててしまうと勢いでボールがコースアウトする可能性が高いです。

モヨ
モヨ

じゃあどうすればいいの?

少し難易度は高いかもしれませんがここが攻略の鍵になります。

少し飛び出しているレーンキープに当てるイメージ【ここで減速させる】

手前の少し飛び出しているレーンにボールを少しだけ当てる。

これができれば一気にボールのスピードが落ちます。

あとは左のレーンにそっと当てればOK。

レーンキープに当てるのが難しい場合は左のレーンに直接当ててもOK

とは言ってもレーンの飛び出している部分に当てるのが難しいと感じる人もいるはず。
そんな人はボールがレーンに当たる瞬間に少しだけ右にハンドルを回して速度を抑えるイメージです。

レーンキープに当てるのが難しい場合は左のレーンに直接当ててもOK

ボールが激しくレーンに当たってしまうと衝撃でボールがコースアウトしやすくなります。

それを防ぐためにボールがレーンに当たる瞬間にレーンで受け止めるイメージでハンドルを少し右に傾けてあげましょう。

2つ目の左のレーンに当てながらゆっくり進める

左のレーンに当たったらボールの速度が上がらないようにハンドルを調節しながら転がします。

2つ目の左のレーンに当てながらゆっくり進める

ほんの少しハンドルを右に傾けながらボールを最後のレーンに流します。

最後のレーンは右の壁に当てながらゆっくり進める【ここで休憩できる】

最後のレーンに当たったらハンドルを少し大きめに右に傾けることでボールを停止させることが出来ます。
ここで少し休憩。

最後のレーンは右の壁に当てながらゆっくり進める【ここで休憩できる】

ゴールに向けて気持ちとボールを整えましょう。

右のレーンに当てながら進むと穴には落ちない

レーンに沿わせてゆっくり進めると穴に落ちることはありません。
落ち着いてゆっくりとゴールに向かってボールを進めましょう。

右のレーンに当てながら進むと穴には落ちない

ゴール前の穴に気を取られがちですが、レーンに沿わせていると絶対に落ちないので落ち着いていきましょう!

ゴールの壁に当たったら流し込むだけ

ゴールの穴は結構小さいです。
でも焦ってハンドルをガチャガチャしなければコースアウトすることはありません。

焦らずにハンドルを微調整しながら落ち着いて流し込みましょう。

ゴールの壁に当たったら流し込むだけ

ここで注意点。

何度も言いますが絶対にハンドルを大きく動かしすぎない事。

ボールがゴールの壁に触れている状態ならゆっくりとゴール方向に傾けるだけでボールは転がっていきます。

この記事のまとめと知って得するジャングルカーニバルの小ネタ3選

この記事のまとめと知って得するジャングルカーニバルの小ネタ3選

最後にこの記事のまとめとジャングルカーニバルのボール転がしの小ネタを3つ紹介しておきます。

  • 実は昔よりも難易度が上がっています【レーンが消えたり飛び出していたり・・・】
  • 【要相談】2人以上で参加する場合、ゲームを上手な人に途中で変わることができる
  • ゲームをクリアしてもピンバッジを貰うこともできる
  • この記事のまとめ
モヨ
モヨ

ここからはこんな感じで進めていくね。

実は昔よりも難易度が上がっています【レーンが消えたり飛び出していたり・・・】

ジャングルカーニバルのボール転がしは実は最初、もっともっと簡単でした。
その証拠画像がこちら。

その証拠画像がこちら。

ちなみに今のボール転がしがこちら。

ちなみに今のボール転がしがこちら。

そうです!
実はレーンが一本取り除かれているんです。

ちなみに他のレーンもコース上に飛び出していたり短くなっていたり・・・。

明らかにオープン時より難しくなっているんです。

【要相談】2人以上で参加する場合、ゲームを上手な人に途中で変わることができる

ジャングルカーニバルは1回のスタンバイで基本的に1人1プレイのみ可能です。
2人で並んでいるときは1人1プレイ×2回になります。

で、通常は1回プレイした人はそれで終了ですが、2人目が1球消費することでプレイヤーを交代することができます。

つまり1回目にプレイした人が上手な人であれば3球だけその人に代わることができるという事。

イメージ的にはこんな感じ。

◯=上手な人

✕=苦手な人

1ゲーム目:◯◯◯◯

2ゲーム目:✕◯◯◯

景品を確実に狙いにいくなら交代もあり

ゲームのプレイを楽しみたいのであれば1人1プレイで楽しめますが、景品を確実にゲットしたいなら途中で上手な人にバトンタッチするのもありだと思います。

そうすることで景品を2つゲットできる可能性が高くなりますからね。

注意:ただし、プレイや交代できるかはキャストさんの判断次第になります。

まずはキャストさんに相談してみてくださいね。

ゲームをクリアしてもピンバッジを貰うこともできる

基本的にゲームをクリアすれば限定の景品をもらうことができます。
しかし景品ではなくピンバッチを集めている人もいると思います。

ピンバッチは全部で6種類あるので、景品を拒否してでも欲しい人はいるはず。

うまくゲームをクリアしても「ピンバッチをください」とキャストさんに伝えればピンバッジを貰うことができます。

景品よりもピンバッチに興味ある人はキャストさんに相談してみてくださいね。

この記事のまとめ

ということで最後に簡単にまとめます。

ジャングルカーニバルのボール転がしとは
  • アドベンチャーランドにある体験型ゲームアトラクション
  • スタンバイパスに対応している日があるので注意が必要
  • 1回700円で4球遊べる
  • ゲームをクリアすればオリジナルの景品をもらうことができる
ボール転がしを成功させる基礎とは
  • 絶対に急ハンドルをしない
  • 脇を締めて腕を安定させる
  • 若干しゃがんで目線を固定する
ボール転がしの攻略法とコツ7選
  • 最初はボールを左のレーンに添える
  • レーンがなくなったらハンドルを”軽く”左右に傾けながら速度を調整する
  • 少し飛び出しているレーンキープに当てるイメージ【ここで減速させる】
  • 2つ目の左のレーンに当てながらゆっくり進める
  • 最後のレーンは右の壁に当てながらゆっくり進める【ここで休憩できる】
  • 右のレーンに当てながら進むと穴には落ちない
  • ゴールの壁に当たったら流し込むだけ

こんな感じです。
難しく感じるかもしれませんが慣れれば簡単。

このゲーム最大のコツはハンドルをガチャガチャし過ぎないこと。

小さく動かすだけでボールは転がっていきますよ。

一度コツを掴めば何回でも簡単に景品をゲットできるようになるので、この記事を参考に練習をしてぜひコツを掴んでくださいね。

ということで今回は以上です。
今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ウエスタンランド・シューティングギャラリーのコツと攻略方法を解説【ラッキーを高確率でゲットする方法も紹介します】 ウエスタンランド・シューティングギャラリーのコツと攻略方法を解説【ラッキーを高確率でゲットする方法も紹介します】 ディズニーのポストから手紙を送ると記念スタンプを押して貰えるよ【小ワザも5つ紹介】 ディズニーのポストから手紙を送ると記念スタンプを押して貰えるよ【小ワザも5つ紹介】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください