4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーは必須と言える5つの理由【レンタルもしくは持参の選び方】

4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーは必須と言える5つの理由【レンタルもしくは持参の選び方】

モヨ
モヨ

このブログの記事は広告を含んでいる場合があります。広告収入はこのブログ運営を行なっていく上で非常に大切な収入源です。気になる商品があればこのサイトのリンクから購入をしていただくことで、運営に必要な資金が集まり、さらに役立つ記事の作成時間が確保できます。ご協力いただけますと幸いです。

今回は4歳のお子さんとディズニーに行くときにベビーカーが必須と言える5つの理由を紹介します。

  • 近々4歳の子どもを連れてディズニーに行く予定
  • 4歳だとまだベビーカーが必要なのか知りたい
  • ベビーカーが必要な理由を知りたい

このような疑問や悩みがある人も多いはず。

結論からお伝えすると4歳ならベビーカーは必須です。

4歳のお子さんとディズニーに行く予定の人にはピッタリな内容にまとめました。

モヨ
モヨ

ようこそタワテラ1928号室へ!部屋の住人モヨでーす!

今回は4歳のお子さんとディズニーに行く人に向けてベビーカーの必要性についてまとめたよ!

記事の結論

  • 4歳だとベビーカーは間違いなくあった方がいい
  • ベビーカーは昼寝、移動、荷物置き、食事などで大活躍する
  • レンタルベビーカーの制限にはギリギリの可能性がある
  • 家にあるベビーカーが使えそうなら持ってきたほうがコスパがいい

4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーは必須と言える5つの理由

4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーは必須と言える5つの理由

まずは4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーが必須と言える5つの理由を紹介します。

モヨ
モヨ

モヨ家は絶対に持っていくよ!

昼寝をする可能性がある【抱っこは大変】

4歳の場合、まだまだ昼寝をすることは多いはず。

もちろん昼寝が少なくなってきて寝ない日もあると思いますが、とにかくディズニーは想像以上に体力を使います。

家で昼寝をしたなら、そのままベッドで寝てもらえば親も楽ができます。

しかしディズニーは違います。

そのまま寝てもらうことはできないので、抱っこをして移動しなくてはいけません。

4歳児の体重の平均は15kg程度。

とてもじゃないですが、15kgを抱っこやおんぶして長距離移動はできませんよね。

そう考えるとベビーカーは必須といえます。

モヨ
モヨ

気持ちよくお昼寝してもらうためにも、親がムダに体力を消耗しないためにもベビーカーはあった方がいいと思うよ!

長距離移動で疲れてしまう【抱っこは大変】

ディズニーランドやシーを最大限に満喫しようと思うと、かなりの距離を歩く必要があります。

モヨはあるときの移動距離を測ったら7kmも歩いていたことがありました。

モヨ
モヨ

もちろんその日と翌日は筋肉痛…。

ディズニーは楽しさで忘れてしまいますが、一日中満喫するとかなりの距離を歩きます。

大の大人でも疲れる距離です。

4歳児の小さな体だともっともっと疲れるはず。

せっかくディズニーに来ているのに、アトラクションやショーを見て疲れるのではなく、歩いて疲れてしまうのはかわいそう。

そして、疲れた子どもが座り込んだり、駄々をこねたりして抱っこをするハメになる大人もかわいそう。

モヨ
モヨ

お互いムダな体力を消耗しないためにもベビーカーは使った方がいいとモヨは考えているよ!

荷物置きとして便利【両手が塞がらない】

子どもとお出かけをすると何かと荷物が増えますよね。

  • 飲み物
  • おやつ
  • スプーンやフォークなどの食器
  • タオル
  • 予備の服

人数が増えれば増えるほど荷物は増えます。

そしてその荷物は基本的に親が持ちますよね。

上でもお伝えしたとおり、ディズニーでは普段歩かないような距離を歩きます。

そんな大荷物を持って何キロも歩くと体力が激しく消耗します。

とくに暑い夏だと最悪。

モヨ
モヨ

疲れはイライラの原因!ムダに疲れないためにも荷物の運搬はベビーカーに任せよう!

椅子がなくても食事ができる【座席探しのストレス軽減】

子どもとディズニーに行くとどのタイミングで「おなかすいた…。」というかわかりませんよね。

そしてお腹が空いたタイミングですぐにレストランの座席やベンチが確保できるとは限りません。

最近のディズニーは特にゲストが多いですからね。

そんなときも、とりあえずベビーカーがあれば端っこに寄せておやつなどを座って食べてもらうことができます。

おやつだけではなくレストランでも椅子が足りないときにもベビーカーは活躍してくれるはず。

パーク内なら4歳でもベビーカーに乗っているのは普通

お悩みさん
お悩みさん

「4歳でベビーカーは恥ずかしくないかな?

と思う人もいるかもしれません。

結論からお伝えすると、まったく恥ずかしくありません。

むしろメチャクチャたくさんいます。

もう少し大きな子が乗っていることもあります。

もしあなたが「恥ずかしい」という理由で悩んでいるなら、その心配はいりませんよ。

本当に4歳くらいの子ならベビーカーを利用している人はたくさんいますし、なによりも他のゲストはあなたのことを見ていません。

モヨ
モヨ

他の人の目を気にするよりも、せっかくのディズニーをいかに快適に過ごすかを考えた方が間違いなく幸せ!

【結論】親のためにも子のためにもベビーカーは必須

以上のことから、親のためにもお子さんのためにもベビーカーはレンタルもしくは持参した方がいいと思います。

ここからはベビーカーを使うことを前提として、レンタルがいいか持参がいいかをみていきましょう。

モヨ
モヨ

ちなみにモヨ家では通常時は持参、雨の日はレンタルっていう感じで使い分けているよ!

4歳児の平均体重ならレンタルベビーカーが使える可能性アリ【制限をチェックしよう】

4歳児の平均体重ならレンタルベビーカーが使える可能性アリ【制限をチェックしよう】

ここからはディズニーリゾートでレンタルができるベビーカーについて確認していきましょう。

モヨ
モヨ

それぞれ詳しく紹介するね!

ディズニーのレンタルベビーカーの利用制限はこちら

まずはレンタルベビーカーの利用制限を見ていきましょう。

  • 生後7ヶ月以上
  • 身長100cm以下
  • 体重15kg以下
  • 耐荷重20kgまで
  • 一人座りができるお子様

こんな感じ。

おそらく4歳のお子さんがギリギリ乗れるか乗れないかくらいの制限だと思います。

4歳の前半では乗れるかもしれませんが後半になると身長や体重がオーバーしてしまう子も多いかもしれませんね。

制限内の身長や体重ならレンタルできる

もしあなたのお子さんが制限いないの体重や身長なら、レンタルベビーカーが活用できます。

ちなみにレンタルベビーカーを活用することで得られるメリットはこちら。

  • ディズニーまでの移動中の荷物が減る
  • たった1,000円で1日中使える
  • 雨や汚れなどでベビーカーが汚れても気にならない
  • ベビーカーの盗難の心配がない

こんな感じです。

ただしレンタルベビーカーにはデメリットもあります。

  • レンタル費用がかかる
  • 乗り心地はあまりよくない
  • レインカバーのレンタルはない
  • ベビーカーの盗難リスクはないけど荷物の盗難リスクはある

レンタルなのでもちろん費用が発生しますし、アトラクションに乗る場合、ベビーカーをベビーカー置き場に置いておくなら、一緒に置いている荷物の盗難リスクはどうしても避けられません。

それでもディズニーまでの荷物を極力減らしたかったり、ベビーカーの盗難リスクを避けたりしたいならレンタルベビーカーはメリットが大きいと思います。

ぶっちゃけ少しくらい制限を超えていてもレンタルできないことはない

これはあくまでも自己判断ですが、正直な話、多少身長や体重が制限を超えていたとしてもレンタルすることは可能です。

おそらく5歳くらいまで借りられます。

ただし、身長制限の場合は問題ありませんが、体重が大幅にオーバーしているなら注意が必要かもしれません。

耐荷重は20kgなので20kgまでなら耐えられると思いますが、お子さんと荷物をたくさんのせてしまうと破損する可能性があります。

モヨ
モヨ

多少体重オーバーしていても、どうしてもレンタルベビーカーが必要ならレンタルしてもいいと思うけど、潰れる可能性もあるので注意してね!

家にあるベビーカーを持って行くべき?【使えるなら持って行くのもアリ】

家にあるベビーカーを持って行くべき?【使えるなら持って行くのもアリ】

次に家にあるベビーカーを持っていくべきかやなんでいる人に向けてモヨなりの考えをまとめてみました。

モヨ
モヨ

それぞれ詳しく紹介するので参考にしてみてね!

サイズが大丈夫なら持って行くのはアリ

おそらくほとんどのベビーカーは体重制限は約15kgだと思います。

ディズニーに一緒に行くお子さんの体重が、お持ちのベビーカーの体重制限以内なら今でも使えるはず。

ただ、体重が少しでもオーバーしているなら、まずは家の近くで壊れないか試した方がいいかもしれません。

試してみて問題がなさそうなら、ディズニーでもしっかりと活躍してくれると思います。

モヨ
モヨ

ムダな出費は避けたいはずなので、持参を考えているなら家にあるベビーカーで試してみよう!

4歳なら25kgまで対応可能なベビーカーを購入するのもアリ

どうしても体重オーバーしてしまっていたり、もしくはすでに家になかったりする場合は25kgまで対応のベビーカーを買うのも一つの選択肢だと思います。

種類はあまり多くはありませんが、例えばこちらの商品。

B型で22kgまで対応しています。

値段もそれほど高くないので、レンタルベビーカーや自宅の15kg制限のベビーカーが不安なら購入してもいいかもしれません。

A型を探しているならこちらもオススメ。

記事執筆時点で19,800円で25kgまで対応しています。

A型なのでお子さんの座り心地やお昼寝なども快適なはず。

モヨ
モヨ

数は多くないですが、22kgや25kgのベビーカーも売られているので、探してみてもいいかもね!

電車などの移動で負担が少ないなら持っていった方がコスパはいい

家にあるベビーカーが利用できて、電車やバスなどの公共交通機関の移動が苦じゃないなら、当然ですが持参した方がコスパはいいです。

もしくは車移動の場合は、間違いなく持って行った方がいいと思います。

そうすることで、レンタル代を節約できますからね。

他にも、ディズニーでいっぱい遊んで疲れたら帰りの電車では寝ちゃう可能性がかなり高いと思います。

そうなると疲れ果てた親が抱っこやおんぶで連れて帰らなくてはいけませんよね。

どうしても家からベビーカーが持参できないなら仕方がないかもしれませんが、往復の移動のことも考えるならベビーカーも持って行ったほうがコスパもいいですし、移動中のストレスも軽減できると思います。

モヨ
モヨ

ベビーカーを持っていくことで荷物は増えますが、移動中やパーク内では快適に過ごすことができるはずだよ!

【まとめ】4歳児とディズニーに行くならベビーカーは必須!レンタルか持参かはあなたにあう方を選ぼう!

【まとめ】4歳児とディズニーに行くならベビーカーは必須!レンタルか持参かはあなたにあう方を選ぼう!

ということで今回は4歳児とディズニーリゾートに行くならベビーカーは必須と言える5つの理由を中心にまとめました。

もう一度カンタンにまとめます。

何度もお伝えしている通り、4歳ならまだまだベビーカーは必須です。

4歳ならベビーカーにっていても恥ずかしいということはありませんので、周りの視線など気にせずベビーカーを使うことをオススメします。

ベビーカーが家にあるなら持参、どうしても準備ができないならレンタルもあるので身長や体重の制限に問題がなさそうなら活用できると思います。

子どもも親も最大限に楽しむためにも、ベビーカーをうまく活用してみてくださいね。

モヨ
モヨ

それじゃあ、ディズニーリゾートを楽しんできてね!

その他、子供と行くディズニーに行くときに役立つ記事はこちら

Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments