ディズニーランドのベビーカーが借りられない主な原因は3つ!対策4つとあわせて紹介

ディズニーランドのベビーカーが借りられない主な原因は3つ!対策4つとあわせて紹介

モヨ
モヨ

このブログのリンクは広告を含んでいる場合があります。モヨのことを「応援してもいいよ!」という人はアフィリエイトリンクから購入していただけると嬉しいです!「モヨなんか応援しない!」という人はリンクを踏まずに検索をしのお買い物がオススメです。

今回はディズニーランドのベビーカーが借りられない3つの原因と、借りられなかったときの対策を4つ紹介します。

さらにベビーカーが5歳くらいまでは絶対に必要と言える主な4つの理由もあわせてまとめました。

  • ディズニーのレンタルベビーカーが借りられない原因を知りたい
  • 体重オーバーや身長オーバーしていても大丈夫?
  • 何歳まで借りられるの?
  • 借りられないなら、どうすればいいか教えてほしい

こういった疑問や悩みが解決します。

5歳くらいまでのお子さんと近々ディズニーランドやシーに行く予定があって、ベビーカーについての悩みがる人にはピッタリな内容です。

記事の結論

  • 身長100cm以上もしくは体重15kg以上なら借りられない可能性あり
  • もし借りれたとしても破損した場合は弁償しないといけないかも
  • 身長100cm以上もしくは体重15kg以上なら持参した方がいいかも
  • 5歳くらいまではベビーカーを持っていった方が大人も子どもも幸せなはず

ディズニーランドのベビーカーが借りられない主な3つの理由【年齢は関係ない】

ディズニーランドのベビーカーが借りられない主な3つの理由【年齢は関係ない】

まずは結論であるディズニーのベビーカーが借りられない3つの主な理由を紹介します。

ベビーカーが借りられない主な3つの理由

このような理由があります。

レンタルベビーカー

ちなみにディズニーのレンタルベビーカーにはいくつかの利用対象があります。

それがこちら。

  • 生後7ヶ月以上
  • 身長100cm以下
  • 体重15kg以下
  • 耐荷重20kgまで
  • 一人座りができるお子様

これらの理由から、利用対象の制限により借りられないパターンは2通りあります。

  • 生後7ヶ月未満もしくは1人座りができない
  • 身長100cm以上もしくは体重15kg以上
モヨ
モヨ

それぞれもう少し詳しくみてみよう!

生後7ヶ月未満もしくは1人座りができない

まずは利用対象の条件を満たしていない可能性からです。

ディズニーのレンタルベビーカーはいわゆるB型のベビーカーです。

B型のベビーカーはディズニーのもの以外でも、ある程度成長してから利用するタイプですよね。

ディズニーのレンタルベビーカーも同じで、生後7ヶ月未満のお子さんや一人座りができないお子さんには貸出をしてくれません。

モヨ
モヨ

おそらくこの時期のお子さんなら普段使っているベビーカーを使うと思うけど、念のため紹介したよ!

身長100cm以上もしくは体重15kgの利用制限を超えている

おそらくこの記事を読んでいるほとんどの人が気になるのがこちらの制限だと思います。

ディズニーのレンタルベビーカーは身長100cm以上もしくは体重15kg以上の場合はレンタルをしてくれません。

ちなみに厚生労働省が発表している、身長や体重の平均推移はこちら。

厚生労働省が発表している3歳6ヶ月の平均身長
引用:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/tokubetsu/kekka03.html

このデータを見ると、平均体重と平均身長なら3歳6ヶ月〜4歳くらいで身長もしくは体重が基準を超えると思われます。

ベビーカーを借りるときに身長や体重を測ることは基本的にありませんが、もし大幅に制限を超えているようなら破損のリスクがあります。

破損してしまうと弁償しないといけないかもしれないので、とくに体重が制限を大きく超えているようならあまりオススメはできません。

モヨ
モヨ

とは言っても耐荷重20kgまでは可能だから、お子さんと荷物を置き過ぎなければ大丈夫だとは思うけどね。

レンタルベビーカーがすべて貸出中

これは、ほとんどないみたいですが、レンタルベビーカーがすべて貸出中の場合です。

とは言っても、レンタルベビーカーが無くなることはほぼないみたいなので、大丈夫なはず

本当に人気の日で本当にベビーカーを使うお子さんが多くて、本当にレンタルベビーカーが想定以上に人気ならもしかすると…。

モヨ
モヨ

すべて貸出中はほぼあり得ないので、その可能性は基本的に考えなくてもいいみたいだよ!

【対策】ディズニーランドでレンタルベビーカーが借りられない可能性がある場合の4つの対処法【持参がベスト】

【対策】ディズニーランドでレンタルベビーカーが借りられない可能性がある場合の4つの対処法【持参がベスト】

ここからはレンタルベビーカーが借りられない可能性がある場合の対処法を4つ紹介します。

レンタルベビーカーが借りられない可能性がある場合の4つの対処法

モヨ
モヨ

それぞれ紹介するね!

あらかじめ身長や体重を計測しておく

ベビーカーをレンタルするつもりでディズニーに行ってからやっぱり借りられなかったというのが一番つらいと思います。

ベビーカーがあるのとないのとでは、過ごし方がまったく変わりますし、予定も大幅に狂うはず。

そんなつらい思いをしないためにも、身長や体重は事前にチェックしておくことをオススメします。

平均身長や体重から、チェックをしておいた方がいい年齢は3歳ごろから4歳ごろのお子さんですね。

厚生労働省が発表している3歳6ヶ月の平均身長
引用:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/tokubetsu/kekka03.html

身長や体重が制限以内ならレンタルベビーカーの利用を検討してもいいと思います。

逆にすでに制限を超えていたり、ディズニーに行く予定の日には超えたりしそうなら別の方法を考えた方がいいと思います。

モヨ
モヨ

ちなみモヨは、ディズニーに行くならベビーカーは5歳ごろまでは必要だと思っているよ!

身長や体重が制限を超えているけどベビーカーを使いたいなら持参を検討する

正直な話、少しくらい身長や体重の制限を超えていてもレンタルベビーカーが借りられないことはありません。

借りられますが、やっぱり破損のリスクを考えるとちょっと不安ですよね。

とは言っても、3〜5歳くらいならディズニーにベビーカーを持っていかないという選択肢はないと思います。

ということで検討すべきなのが、自宅にあるベビーカーの使用です。

おそらく4歳や5歳になってくると、徐々にベビーカーの使用頻度も減ってきていると思いますが、まだ家に置いている人も多いのではないでしょうか。

モヨ
モヨ

レンタルベビーカーが使えないなら、家にあるベビーカーを使うのが一番コスパがいいよね!

自宅にあるベビーカーの体重制限をチェックする

ということで自宅からベビーカーを持っていくなら、まずは体重制限をチェックしましょう。

おそらくほとんどは15kg前後の制限だと思いますが、ディズニーでレンタルできるベビーカーと同様に多少15kgを超えていてもすぐに破損することはないと思います。

むしろ破損してしまったとしても「まあ、しょうがないか。」で済むはず。

体重制限を大幅に超えていないなら、まずは近場で試してみて使えそうならディズニーに持っていくとレンタルベビーカー代も節約できるのでコスパ最強です。

モヨ
モヨ

ただし、壊れてしまったときにお子さんが怪我しないようにだけは注意してあげてね!

25kgまで対応のベビーカーの購入を検討する

お悩みさん
お悩みさん

どうしても体重制限を大幅に超している、でもやっぱりベビーカーは使いたい…。

そんな人もいると思います。

そんな人は、少し予算は必要ですが25kgまで対応のベビーカーの購入を検討してみてもいいかもしれません。

種類はあまり多くはありませんが、例えばこちらの商品。

B型で22kgまで対応しています。

値段もそれほど高くないので、レンタルベビーカーや自宅の15kg制限のベビーカーが不安なら購入してもいいかもしれません。

A型を探しているならこちらもオススメ。

記事執筆時点で19,800円で25kgまで対応しています。

A型なのでお子さんの座り心地やお昼寝なども快適なはず。

モヨ
モヨ

少しお金はかかっちゃうけど、ディズニーで快適に過ごしたいなら検討する価値はあると思うよ!

【3.4.5歳のママ必見】ディズニーに行くならベビーカーは5歳くらいまでは絶対にいると言える4つのワケ

【3.4.5歳のママ必見】ディズニーに行くならベビーカーは5歳くらいまでは絶対にいると言える4つのワケ
お悩みさん
お悩みさん

そもそもディズニーに行くのにベビーカーっているの?

と思う人もいると思います。

結論からお伝えすると、5歳くらいまでは絶対にあった方がいいです。

その主な4つの理由を紹介しますね。

ベビーカーが5歳くらいまで絶対にいると言える4つのワケ

モヨ
モヨ

それぞれ詳しく紹介するね!

5歳くらいまでの体にディズニーの長距離移動は大変過ぎる

ディズニーランドやシーって大人でも全部まわろうと思えば結構大変ですよね。

とくに朝から晩までしっかり遊ぼうと思うと1日5kmくらいは余裕で歩きます。

大人でも大変な移動距離なのに5歳までの小さな体で同じように歩くのはかなり大変だと思います。

そして子どもは疲れたら抱っこを希望してくるはず。

抱っこをするのはパパやママだと思いますが、15kgを超える子どもを長時間抱っこして歩くのって正直かなり大変ですよね。

とくに真夏のディズニーだと暑さが半端ないので、できれば抱っこはしたくないはずです。

モヨ
モヨ

お子さんの体力のためにも、大人の体力のためにもベビーカーは絶対にある方がいいよ!

疲れたときにすぐにお昼寝ができる

ディズニーランドで朝から遊ぶとお昼過ぎや夕方ごろには眠たくなることもしばしば。

そんなときでもベビーカーがあると大活躍してくれます。

ベビーカーがあれば、移動中でも食事中でもいつでも寝てもらうことができます。

逆にベビーカーがないと、抱っこしたまま移動したり、どこか休憩できる場所を探したりしないといけないので大人の大変さ増します。

モヨ
モヨ

貴重なディズニーの時間をムダにしないためにもベビーカーはあった方がいいと思うよ!

お腹が空いたときに軽食をとりながら移動ができる

ディズニーでいっぱい遊ぶといっぱい動くので体力を使いますね。

体力を使うとお腹が空きます。

ただ、お腹が空くたびにレストランに寄ったり立ち止まったりしていてはディズニーの貴重な時間がもったいなく感じる人もいると思います。

そんなときでもベビーカーがあれば大丈夫。

持ってきたおやつやジュースなどを楽しんでもらいながら、ムダなく移動できます。

モヨ
モヨ

お子さんの機嫌もよくなって、大人も子どももハッピー!

荷物置きとして使える

ディズニーに限らず、外出するときは人が増えれば増えるほど荷物は多くなりますよね。

とくに子どもがいると、

  • おやつ
  • 水筒
  • 予備の着替え
  • おむつ
  • タオル

など、大人だけのときとは全く違った持ち物が必要。

さらにディズニーだとお土産を買ったり、ポップコーンバケットを買ったり、バルーンを買ったりで荷物が増えがちです。

これらを全て手で持ったり肩にかけたりするには何本手があっても足りません。

そんなときにもベビーカーがあれば安心。

持ち手の部分にフックをかけたり、下の収納部分に荷物を入れたりすれば重たい荷物を持つことなく快適にディズニーランドが楽しめます。

モヨ
モヨ

荷物をベビーカーに置いたままアトラクションに乗るときは荷物の盗難や紛失に気をつけてね!

【まとめ】身長と体重が制限内なら借りられる可能性大!でも制限を超えているなら持参がベスト!

【まとめ】身長と体重が制限内なら借りられる可能性大!でも制限を超えているなら持参がベスト!

ということで今回はディズニーランドのベビーカーが借りられない3つの原因と、借りられなかったときの4つの対策を中心にまとめました。

もう一度カンタンにまとめます。

ベビーカーが借りられない主な3つの理由

レンタルベビーカーが借りられない可能性がある場合の4つの対処法

ベビーカーが5歳くらいまで絶対にいると言える4つのワケ

ディズニーで快適に遊ぶには5歳くらいまではベビーカーがあった方が安心です。

しかしレンタルできるベビーカーは実質4歳くらいまでが対象。

制限の対象となる100cm以上のお子さんや15kg以上のお子さんでも、まだまだベビーカーが必要な年齢だと思います。

制限に近い身長や体重なら借りれなくはないですが、破損したときの弁償のリスクがあります。

そういったリスクがイヤなら今まで使っていたベビーカーや25kgまで対応のベビーカーを購入して持参がベスト。

完全にコレ!という答えはないので、あなたのベストを見つけてみてくださいね。

モヨ
モヨ

それじゃあ、ディズニーランドを楽しんできてね!

その他、ディズニー×ベビーカーに関する記事はこちら